テキトーレシピ覚え書き


by guruguru33

黒糖豆乳

f0131408_12144785.jpg

イソフラボンを意識して摂っているとお肌の調子が良い。
どうやら、大豆食品は私のカラダには合っているのらしい。
不足している女性ホルモンを補ってくれているのだろうか。
今年は「女子力UP!」が目標の一つなのでどんどんイソフラボンな食品を摂ろうと思う。
お昼のコーヒーを豆乳に変えて、寒い日には温かくして飲んでいます。
黒糖はミネラル、鉄分も入っているので栄養もばっちり。そしてオイシー。

【材料】
・豆乳(無調整より調整豆乳の方が飲みやすいよ)
・黒糖シロップ(市販の黒蜜でもOK)

【作り方】

1) マグカップに豆乳と黒糖シロップを入れて混ぜる。

2) ホットがいい時はお鍋やレンジで温めて。
[PR]
by guruguru33 | 2009-02-28 12:29 | 飲み物

黒糖豆乳ぜんざい

f0131408_20453921.jpg

寒い冬、甘くて温かい物が食べたい!お餅もお正月のが余ってる!って時によく作ります。
家事をしながら煮ていたら割と早くに出来るので、思い立って作り始めても食べたい気持ちに間に合います(笑)

小豆は柔らかく煮あがってから甘味を加えていきます。
今回は黒砂糖を使ったので100グラムくらいでコクのある甘味のぜんざいが出来ました。
白糖だと後味がスキッとした甘さになるかな。豆乳はお好みで入れても入れなくても。

黒糖はミネラルや鉄分、豆乳はイソフラボン摂取を意識して入れてみました。
小豆は浮腫み解消にとっても効きますよ~。

【材料】
・あずき・・・・・・・・・・・・・・一袋(200グラムくらいかな)
・黒砂糖・きび砂糖・・・・・合わせて100~150グラム(お好みの量)
・調整豆乳・・・・・・・・・・・・好みの量

・お餅(お好みで白玉だんごでも)

【作り方】
1) 小豆は洗ったあと鍋で5倍程のお水を入れて火にかける。沸騰したら一度茹でこぼす。(アク抜きの為)

2) 先程のあずきと水を鍋に入れ火にかける。今度は水を足しながら指で潰れるくらいの
   柔らかさになるまで煮る。

3) 柔らかく煮あがったら砂糖を3回くらいに分けて好みの甘さに仕上る。

4) 食べる前にお餅を入れて柔らかくなったら出来上がり。
   豆乳は食べる時に1人ずつ好きな量を入れて混ぜてね。
[PR]
by guruguru33 | 2009-01-28 21:19 | お菓子

黒砂糖パン

f0131408_17113626.jpg

図書館で借りた本に載っていたパンのレシピ。
息子が「美味しい。」とよく食べたので、忘れないように記録。
黒糖クリームが素朴な甘さで幸せになるが、糖分が絶叫ものだ。気をつけて~

私はホームベーカリーで一次発酵まで済ませた。

【材料】(直径20センチのスポンジ型2台分)

・強力粉・・・・・・・・・・300グラム
・ドライイースト・・・・4グラム
・黒砂糖・・・・・・・・・・15グラム
・塩・・・・・・・・・・・・・・・・5グラム
・卵1個+牛乳・・・・・・・合わせて220~235グラム(季節に合わせて調節)
・バター・・・・・・・・・・・・20グラム

(黒糖クリーム)

・黒砂糖・・・・・・・・・・・・100グラム
・グラニュー糖・・・・・・・50グラム
・生クリーム・・・・・・・・・50グラム
・溶き卵・・・・・・・・・・・・・50グラム


【作り方】

1)ホームベーカリーで一次発酵まで済ませる。


2)生地を二等分に切り、表面を伸ばし巻き込むようにして丸める。
 生地の綴じ目を下にするようにして置き、濡れふきんを被せ、ベンチタイム15分。

3)手のひらで生地全体を軽く押し、ガス抜き。めん棒で伸ばす。
  (ケーキ型より一回り大きめに伸ばす)

4)スポンジ型にバターを薄く塗り、生地を敷きこむ。
  底の縁から生地が指一本を横にした高さくらいに立ち上げて敷きこむ。

5)二次発酵させる。  濡れふきんをかけて、30℃で30~40分。2~2.5倍に膨らむまで。


6)二次発酵させている間に黒糖クリームを作ろう。
  黒糖クリームの材料をボウルに入れて混ぜ混ぜ。しばらく置いてしっかりなじませる。


7)二次発酵させた記事の表面全体に強力粉をつけた指で数箇所くぼみをつける。
  (ふくらみを均一にするための作業)

8)生地に黒糖クリームを入れる。

9)200℃に温めたオーブンで10分間。180℃に下げて10分間焼く。


出来上がったら網などに取り出して乗せて粗熱を取る。
[PR]
by guruguru33 | 2007-06-19 17:35 | パン